​店長の重要性「店長ご苦労様です!」

店長の重要性 

昨今の美容室経営においては、「美容師不足」「働き方改革」「オーバーストアー」「高齢化に伴う客数減少」などなど数々の問題が山積みの中で、店長の役割は重要で悩める方も少なくないかと思います。

好況期には誰が店長をやってもあまり問題になりませんが、不況になるとしっかりした店長でなければ赤字経営に転落してしまいがちです。それぞれの企業のやり方があろうかと思いますが、店長職の絶対必要条件として、行わなければならない基本があるかと思います。ただ、「古くから居る」ので、店長という考えでは今の難しい時代を乗り切るのは至難の業ではないでしょうか。

「でもどうしたらいいの?」という迷い込んだ店長に改めて店長職についてまとめてみました。

店長職「仕事の基本」

①会社の方針を理解し、部下やスタッフに徹底させること。

②リーダーシップを発揮し、率先して行動出来る事。

③目標達成に向けて仮説を考え、実行と検証で成果をだすこと。

④課題意識を持って課題解決に取り組むこと

⑤部下を指導教育し、一人前に育成すること。

店長に必要な能力(店長自身が学んでいくこと)

① リーダーシップ能力 目標設定能力・率先垂範・部下を動かす能力・適切な意思決定能力・モチベーションアップ力

② マネジメント能力 目標達成の計画作成力・計画を実行する力・検証と問題解決力・数値管理力・部下管理・育成能力

教育の基本は

  • 守   

と言われますがまず基本(=守)をおさえておかないと、対応(=破)は出来ません。今の様な不況期には応用力が必要になることもありますが、自分本位の我流しか出来ない人は難しいのではないでしょうか。今取り組むべきことは、もう一度原点に立ち返って「自店の出来ていないことを見直す」事です。もう一度、それに合わせて店長職の「仕事の基本」をあまり難しく考えずに見直してみてはいかがでしょうか。

迷える店長にささやかな「アドバイス」 

    組織を活気づける為に心がける「雑談を大切にしましょう!」

同じ時間や会話を共有することで、楽しい環境は十分作ることが出来ます。

ここが見えないリーダーには、部下も心を開いてくれません。

冗談を言いながら「これはどう思う?」と話題を振ってみたり、スタッフに対して、間接的に感謝の気持ち伝えてみたり・・・。そういうコミニケーションはとても大切です。活気のあるところ、楽しいところに、人は集まってきます。そして、それが力に変わります。

 

    スタッフに対して心がけること

やさしさも厳しさも平等に! それぞれの努力や結果に対して平等であることです。

頑張っていない人と頑張っている人を一緒に扱ってしまっては、逆に不平等です。

 

    朝のミーティング

前日の気持ちをリセットさせる。目標を立てる。

結果を出した人をみんなの前で認めてあげる。

そして、気持ちの引き締めを行う。

 

   管理者スタッフ育成

人が成長する一番の方法は、「人を育てること」

人の上に立つということは、どんどん孤独になっていくことなんです。孤独を怖がっていたら、人の上に立てません。

上に上がれば上がるほど、孤独と責任は増大します。その分だけ部下の何倍も学ぶことが出来ます。

人を育てることは自分自身が育つことだと思います。

辛いことがあっても「ありがたい」と思って取り組んでいけば必ず成果は出ます。

 

   番外編 店販に対して

抵抗のある方もいらっしゃいますが、「え? 売るの? 何で?」

自分はセールスマンじゃないんだという言う感覚

セールスマンじゃない美容師が実際には、売上をあげないといけないんです。

その為に美容師が一番売らなければならないもの・・・それは、自分自身

自分が売れていないと、大して売上は上げられません。

そんな方が独立開業しても、平均して儲からない店で廃業していく店が多いのも事実です。

自分を売ることと店販を売ることは、実は売るためのコツは一緒なんです。

自分と商品を見立てて、特徴やすばらしい点を書き出してもらい、

そこにあなたと言う人間を買うだけの魅力があるかを自分自身で問いて見てください。

他でなくあなたを選ぶような売り方をする・・・店販の基本です。

商品を売ることと自分を売ることはリンクしているし、実績にもなる絶好のチャンスです。

一歩踏み込んだところに店販があるから顧客が出来やすい。

何気ない会話の中にカウンセリングがあって、悩みを引き出して声をかけてあげる事が

店販の一歩であり、美容師としての大事な役目。そんな店長の姿を見ているスタッフも育っていきます。

美容師は、国からライセンスをもらった美容師というプロです。

姿かたちをキレイにしていくことが、本来の美容師であります。

 

ある美容室の店長から相談を受け対応した内容を記載しました。同様に悩める店長さんに少しでも参考になれば幸いです。

​まずは、やってみることから始まります。必ず、道は開けます! 店長、頑張ってください!!

​お問合せ

ビューティベンダー株式会社

〒062-0933 

北海道札幌市豊平区平岸3条7丁目1-27

第33藤井ビル10階

☎ 011-824-7078   FAX 011-8247108